張栩の黒猫のヨンロ

日本棋院 張栩の黒猫のヨンロ

囲碁界の第一人者、張栩棋聖・王座発案の四路パズルに魅力的なキャラクターをつめこんだ『黒猫のヨンロ』登場!


囲碁のポータルサイト 日本棋院

稼働環境

iPhone / iPod touch および iPad互換 iOS3.2以降が必要。

張栩棋聖・王座が発案した四路パズルをゲーム化!
プロフィール
張栩(ちょう・う)九段

昭和55年1月20日生。
台湾台北市出身。
林海峰名誉天元門下。
小林泉美六段は夫人。
平成2年院生。
平成6年入段、15年九段、日本棋院東京本院所属。
平成14年NHK杯優勝で初タイトル。
以降、棋聖をはじめ、数々のタイトルを獲得。
平成22年には史上2人目のグランドスラム(7大タイトル制覇)を達成。
主な著書に「張栩の特選詰碁」(日本棋院刊)、「勝利は10%から積み上げる」(朝日新聞出版)。
囲碁パズル“四路の碁”は、新たな知的ゲームとして各方面から大きな注目を集めている。

製品特徴

張栩九段が発案した囲碁パズル「四路の碁」を、iPhone & iPadで楽しめるようにしたアプリです。
まったく囲碁を知らないお子様から、有段者・高段者までを対象とした知的ゲームで、すべての問題は張栩九段のオリジナルです。

ゲームモード紹介
■ストーリーモード

主人公(主猫公)のヨンロになって、勉強をしながら物語を進行させていくモードです。
物語の中で出会う個性豊かな犬たちと会話をしながら、自然と囲碁の基本ルールやテクニックが習得できるようになっています。

“石の取り方”から“終局の概念”“目あり目なし”“石の下”
など、盛りだくさんの内容が搭載されています。

■とことんモード

問題は難易度ごとに分かれており、プレイヤーが自由に問題を選択できるモードです。
同じ問題に何度でも挑戦できるので、勉強に適しています。

■チャレンジモード

10問連続で問題を解いて、成績を表示するモードです。
プレイヤーのプレイ内容によって次の問題の難易度が変わっていきます。
成績は、過去の成績を含め、グラフで表示されます。
ゲームセンターにランキング対応しており、全国のプレイヤーたちと棋力を競い合うことができます。

■エンドレスモード

次々と出題される問題に何問正解できるかを競うモードです。
間違えると体力が減少し、体力がなくなるとゲームオーバーになります。
使用したテーマによって嬉しい特殊効果が発生し、成績を左右します。
ゲームセンターにランキング対応しており、全国のプレイヤーたちと競い合うことができます。

従来の囲碁を感じさせない、かわいいデザイン

碁石のデザインは黒猫と白犬といった、従来の囲碁を感じさせない、かわいいデザインになっています。
アタリになると碁石が怯えている状態になったり、相手の石を囲むと喜んだりと、見ているだけでも楽しむことができます。
もちろん、設定により従来の碁石デザインに変更することもできます。

また、追加問題購入時にセットで新しいデザインがついてくるので、いろいろ変えてみましょう。

  

著作表記

© 2012 The Nihon Ki-in.
© 2012 ZOO corporation.


コメントは受け付けていません。